エントリー

The Roots Groove vol.5 “面”とか“角”とか

19-1.jpg

“面”とか“角”とか
同じに見えて全然違う。違って見えて結構同じ。なんのこと?

スノーボーディングとは立体的地形を楽しむ遊びだ。それが自然にできたものだろうが、人工的に作られたものだろうが関係ない。ただただ目に入ったすべての立体に突っ込んで、なんらかのアクションをすることが目的なのだ。だからすべての地形と雪質に対応できる滑りを身につけることが、この遊びを楽しむことに直結していることは言うまでもない。

The Roots Groove vol.4 Carving Turn

18-1.jpg

Carving Turn
板は踏まなきゃ走らない。カービングターンは目的ではなく結果なのだ。

 誰もいないオープンバーンで遠心力と戦いながら限界スピードで飛ばしているとき。いきなり発見したヒットに向かうため、減速せずに急激な方向転換をするとき。朝イチのグルーミングバーンを気持ちよくクルージングしているとき・・・・・・・・・・・・・・。
スノーボードに乗っているほとんどの間、オレはまったく意識せずにカービングターンを繰り返している。カービングとは雪面にがっちりとエッジをかませ、板を踏みこむことで加速してゆくズレのないターンのことだ。すべての局面でライディングの質を高めてくれるカービングターンはスノーボーディングの最も重要なテクニックのひとつだとオレは思っている。

The Roots Groove vol.3 Splay

17-1.jpg

スプレイはターンの品質表示だ。一枚の写真から“クオリティ”を読み取ろう。

たとえばスピードに乗った思い切り深いターンのピークで、エッジが抜ける直前。たとえばパワースライドに近いドリフトターンをしている最中。ボードに無理な力がかかり、でかいスプレイが飛ぶ。このような瞬間を捉えた写真を雑誌でたまに見かけるのだが、確かに一見迫力を感じる。しかしよく見ると「あれっ、このあとコケてるでしょ」「失速しちゃってるよね」となるわけで、結局のところ、これはただの雪煙で、スプレイとは呼べない。

The Roots Groove vol.2 Backside slash

16-1.jpg

Backside slash
ねじれることで簡単にカタチが決まる。誰もが楽しめる入門編リッピング。

“ねじること”これこそが横向きに滑るすべての遊びを果てしなくカッコよくしている最大の要因だ。リッピングはもちろん、エアー、カービング、グランドトリック・・・。すべての場面で身体のねじれがスタイルに直結している。

The Roots Groove vol.1 Layback

15-1.jpg

Layback
簡単なのに難しい。滑り手の真価が問われるシンプル&ディープな超普遍的アクション

世の中にスノーボーディングに関する情報が皆無だった80年代、サーフィンとスケートボードがスノーボーダーのテキストだった。だからオレたちにとって、リッピングは滑るという行為の中に最初から組み込まれていたものだし、このサーフ&スケートが創り出したスタイルを越えるモノがスノーボーディングから生まれることは今後も無いとオレは思っているんだ。

トゥイーク選手権

“ねじること”これこそが横向きに滑るすべての遊びを果てしなくカッコよくしている最大の要因だ。エアーはもちろん、カービング、リッピング、グランドトリック、すべての場面で身体のねじれがスタイルに直結している。そして、このねじり芸の最高峰にあるのがトゥイークだ。日本語で「ねじる」という意味を持つ、全身の関節をあり得ないほど複雑にねじりまくりながら飛ぶ例のアレのことだ。

いや〜暑い

今は8月。そしてこの事務所の温度は36℃。今日も窓全開でクーラーはOFF。汗だくで書類が肘にはり付くけどなんとか耐えられる。メシを喰いに入った店では「寒い」と言って冷房を弱めてもらう。「客を冷やすこと」をサービスと考える店や「経済発展の真最中」なアジアの国が大気中にco2をぶちまける、そのかわりにオレはクーラーをつけない。

the president !? 

ある年、北海道の森の中でパウダーを爆走。
ある年、アラスカはバルディーズのスティープな斜面を滑降。
ある年、春のゲレンデでウォールをコスりまくり。
全てオリジナルなスタイル全開で、ライダーたちと一緒に。
ほんに一部にしか過ぎないけど、ウエアブランドの社長の動きじゃないよね、これ。
そんなgreen clothing社長、田口勝朗の社長職とは一体?